腸内環境の最強コンビ

自分の健康状態を知るための方法として、便の状態を見ることが重要です。便がゆるかったり、硬かったり、あるいは便秘だったりする場合は、すなわちそれは腸内環境が乱れていると言うことです。腸は、口から摂りいれた食物を消化吸収するところです。その環境が乱れていると、充分な消化吸収が行われません。その結果、体力が落ち病気にかかりやすい身体になってしまうのです。

この腸内環境を整えるものとして、ビフィズス菌とオリゴ糖があります。ビフィズス菌は善玉菌の代表格で、悪玉菌の増殖を抑える働きを持っています。ただ、ストレスや不規則な生活を送っているとこのビフィズス菌の働きが弱まり、悪玉菌が勢力を拡大し、便秘などの症状を引き起こすのです。そして、この弱ったビフィズス菌を活性化させるのが、オリゴ糖なのです。

オリゴ糖は腸で消化吸収されにくい性質を持っていますが、これが幸いしてビフィズス菌がエサとしてオリゴ糖を摂りいれているのです。つまり、ビフィズス菌とオリゴ糖を一緒に摂取することで、ビフィズス菌の働きをより強固なものにしてくれるということです。現代人はなにかと腸内環境が乱れがちな生活を送っています。それにより体調に不具合が生じることもあります。そんなときはビフィズス菌とオリゴ糖の最強コンビを試すといいでしょう。

カテゴリー: 未分類 | 腸内環境の最強コンビ はコメントを受け付けていません。

オリゴ糖の性質

お腹の調子を整えるものとして、ビフィズス菌と並んでよく知られているのがオリゴ糖です。オリゴ糖の「オリゴ」とはギリシャ語で「少し」という意味で、そのため別名「少糖類」とも呼ばれています。自然界にあるオリゴ糖は、スクロースやラクトースなどがほとんどですが、その中でも人間の胃や腸で消化されにくい性質を持ったフラクトオリゴ糖やイソマルトオリゴ糖などが、食品に使われているのです。

こうしたオリゴ糖は難消化性と言う、消化吸収がされにくいもので、腸内環境を整える食品にはよく添加されています。このオリゴ糖を摂取すると、食物繊維と似たような働きをし、腸内の不要な物質を体外に排出してくれる働きを持っているのです。つまり便秘に効果的と言えるのです。

便秘が改善されることによって、腸内の環境がよくなり美肌効果にも繋がります。他にもオリゴ糖はミネラルの吸収を促進する働きもあります。このように腸内にとって有効なオリゴ糖ですが、これを含む食材としてはごぼうや味噌、大豆などがあります。コレステロール値が気になっている人や糖尿病の人、あるいは虫歯になりやすい人などにおすすめの糖と言えます。そして、このオリゴ糖はビフィズス菌と共に摂取することで効果がさらに期待できるのです。

カテゴリー: 未分類 | オリゴ糖の性質 はコメントを受け付けていません。

善玉菌の代表格

乳酸菌の代表格と言えば、ビフィズス菌が思い浮かぶでしょうが、実はビフィズス菌は乳酸菌ではありません。乳酸菌は、糖を分解して乳酸を多く作る菌のことですが、このビフィズス菌は酢酸を多く作る菌なのです。ただ、腸の働きをよくするということで、乳酸菌として知られているわけです。

このビフィズス菌ですが人間以外の動物に腸内にも生息していて、その種類は約30種類になります。ただ、人と動物のビフィズス菌は違うもので、人間の腸内に生息するのは約10種類です。人間の腸内には数えきれないほどの腸内細菌が生息していて、いわゆる善玉菌、悪玉菌、中間菌が体調などによってそれぞれが勢力を変えながら同居しているのです。

その善玉菌の代表がこのビフィズス菌で、主に便秘などの症状に効くのです。ビフィズス菌は酢酸を作るということで、悪玉菌の増殖を抑え、また貧血や肌荒れにも効果があるため、特に女性にとっては重要な菌と言えるのです。この腸内のビフィズス菌を増やすには、生きたビフィズス菌を体内に摂り入れる必要が出てきます。その上、腸内では常にビフィズス菌の増殖と死滅のサイクルが起こっているため、断続的に摂取しなければいけないのです。このことから、お腹の調子が悪い人はこのビフィズス菌が少ないか、弱っていることが考えられます。

カテゴリー: 未分類 | 善玉菌の代表格 はコメントを受け付けていません。

便秘にはビフィズス菌

人間の腸内には様々な菌が住み着いています。その中で最も多いのがビフィズス菌です。このビフィズス菌は腸内の環境を整え、健康を維持してくれる善玉菌の代表格としてよく知られています。一方で、オリゴ糖という糖類があります。こちらも腸内で働き、便秘などの症状を改善する働きを持っています。このサイトは、このビフィズス菌とオリゴ糖の関係と便秘について説明します。

人間は体調が崩れてくるとそれが便に表れます。下痢をしたり、硬い便になったり、あるいは便秘になったりするのです。これは腸内の環境が乱れていることが原因で起こる症状です。腸内には善玉菌や悪玉菌、そして中間菌が存在していて、体調によってその勢力図が大きく変わってきます。善玉菌が元気な状態であれば、身体も健康を維持できますが、悪玉菌が繁殖してくると、腸内環境が乱れ、身体にも影響が出てきます。つまり、腸内環境をしっかりと整えることが、健康な身体を維持することになるわけです。

そのために有効な手段として、ビフィズス菌とオリゴ糖があるのです。これらはそれぞれに、腸内にとってよい働きをしてくれます。しかし、この2つを同時に摂取することで、より効果が高まるのです。オリゴ糖は腸内で消化吸収されにくいため、ビフィズス菌にとって格好のエサとなり、腸内で活発に活動できる源となるのです。便秘などでお悩みの人は、腸内環境が乱れていることが考えられます。その改善にはこの最強コンビがおすすめなのです。

カテゴリー: 未分類 | 便秘にはビフィズス菌 はコメントを受け付けていません。