善玉菌の代表格

乳酸菌の代表格と言えば、ビフィズス菌が思い浮かぶでしょうが、実はビフィズス菌は乳酸菌ではありません。乳酸菌は、糖を分解して乳酸を多く作る菌のことですが、このビフィズス菌は酢酸を多く作る菌なのです。ただ、腸の働きをよくするということで、乳酸菌として知られているわけです。

このビフィズス菌ですが人間以外の動物に腸内にも生息していて、その種類は約30種類になります。ただ、人と動物のビフィズス菌は違うもので、人間の腸内に生息するのは約10種類です。人間の腸内には数えきれないほどの腸内細菌が生息していて、いわゆる善玉菌、悪玉菌、中間菌が体調などによってそれぞれが勢力を変えながら同居しているのです。

その善玉菌の代表がこのビフィズス菌で、主に便秘などの症状に効くのです。ビフィズス菌は酢酸を作るということで、悪玉菌の増殖を抑え、また貧血や肌荒れにも効果があるため、特に女性にとっては重要な菌と言えるのです。この腸内のビフィズス菌を増やすには、生きたビフィズス菌を体内に摂り入れる必要が出てきます。その上、腸内では常にビフィズス菌の増殖と死滅のサイクルが起こっているため、断続的に摂取しなければいけないのです。このことから、お腹の調子が悪い人はこのビフィズス菌が少ないか、弱っていることが考えられます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク