オリゴ糖の性質

お腹の調子を整えるものとして、ビフィズス菌と並んでよく知られているのがオリゴ糖です。オリゴ糖の「オリゴ」とはギリシャ語で「少し」という意味で、そのため別名「少糖類」とも呼ばれています。自然界にあるオリゴ糖は、スクロースやラクトースなどがほとんどですが、その中でも人間の胃や腸で消化されにくい性質を持ったフラクトオリゴ糖やイソマルトオリゴ糖などが、食品に使われているのです。

こうしたオリゴ糖は難消化性と言う、消化吸収がされにくいもので、腸内環境を整える食品にはよく添加されています。このオリゴ糖を摂取すると、食物繊維と似たような働きをし、腸内の不要な物質を体外に排出してくれる働きを持っているのです。つまり便秘に効果的と言えるのです。

便秘が改善されることによって、腸内の環境がよくなり美肌効果にも繋がります。他にもオリゴ糖はミネラルの吸収を促進する働きもあります。このように腸内にとって有効なオリゴ糖ですが、これを含む食材としてはごぼうや味噌、大豆などがあります。コレステロール値が気になっている人や糖尿病の人、あるいは虫歯になりやすい人などにおすすめの糖と言えます。そして、このオリゴ糖はビフィズス菌と共に摂取することで効果がさらに期待できるのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク