便秘にはビフィズス菌

人間の腸内には様々な菌が住み着いています。その中で最も多いのがビフィズス菌です。このビフィズス菌は腸内の環境を整え、健康を維持してくれる善玉菌の代表格としてよく知られています。一方で、オリゴ糖という糖類があります。こちらも腸内で働き、便秘などの症状を改善する働きを持っています。このサイトは、このビフィズス菌とオリゴ糖の関係と便秘について説明します。

人間は体調が崩れてくるとそれが便に表れます。下痢をしたり、硬い便になったり、あるいは便秘になったりするのです。これは腸内の環境が乱れていることが原因で起こる症状です。腸内には善玉菌や悪玉菌、そして中間菌が存在していて、体調によってその勢力図が大きく変わってきます。善玉菌が元気な状態であれば、身体も健康を維持できますが、悪玉菌が繁殖してくると、腸内環境が乱れ、身体にも影響が出てきます。つまり、腸内環境をしっかりと整えることが、健康な身体を維持することになるわけです。

そのために有効な手段として、ビフィズス菌とオリゴ糖があるのです。これらはそれぞれに、腸内にとってよい働きをしてくれます。しかし、この2つを同時に摂取することで、より効果が高まるのです。オリゴ糖は腸内で消化吸収されにくいため、ビフィズス菌にとって格好のエサとなり、腸内で活発に活動できる源となるのです。便秘などでお悩みの人は、腸内環境が乱れていることが考えられます。その改善にはこの最強コンビがおすすめなのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク